十三参り(じゅうさんまいり)を一言で解りやすく表現すれば、13歳の七五三。

旧暦の3月13日(現在では月遅れ新暦の4月13日)に数え年13歳の少年少女がこれまでの成長に感謝し氏神や寺院に参詣することです。

古くは、生まれた年の干支が初めて一巡りしたお祝いに、男子は元服し子供の髪型を改め大人の髪を結い、それまでの幼名を廃して元服名をつけてもらい、女子は肩上げした大人の寸法(本裁)の着物を用意してもらいました。

また、その頃の年齢の女子は体が大人へと変わる時なので、身も心も成長したことを慶び晴れ着でお参りしました。

関西地方(特に京都)では七五三と共に盛んに行われてきた行事で、空海が知恵を授けてもらったと言われる虚空蔵菩薩が坐す渡月橋付近のお寺での十三参りが有名ですが、そのお寺まで行かねばならないわけでも、そこでしかお参りができないわけでもありません。

現在では各地でさまざまな形で十三参りが執り行われ、3月13日から4月13日の間、小学校の卒業式の頃から中学校の入学式前に、より良い中学生活を送れるようにとの願いも込めて参詣されることが増えてきました。

13歳は子供から大人になろうとする年齢。十三参りは子供自身の記憶に残る嬉しいお祝いごとです。

慶事にふさわしい晴れやかな装いで是非ご縁の神社・寺院へ親子で出向き成長の記念になさって下さい。貴重な経験になることでしょう。

簡単に着る着物あきも。は小学生用はかまセットをレンタルしております。また、ママや、おばあさまのお着物を簡単に着られるようにお直しもしておりますので、この機会にお嬢さまへお譲りになるのはいかがでしょうか。

地元、岐阜では、本巣市の正尊寺にて、毎年 3月の春分の日に十三参り式が執り行われます。
あきも。の はかまセット レンタル 税込10,000円
お参り料金 3,000円

IMG_5644