『もっと簡単に着物が着られたらいいのに…』そう、お思いになったことは、ありませんか?

私は20代の頃、着付け教室で着付けを習ったのですが諸事情で1年程しか通うことができませんでした。
それでも、その頃は何とか自分で着物を着られるようにはなったのですが、頻繁に着るわけでもなく久しぶりに手を通した時には、とても人前には出られない状態。

子どもが生まれ、その成長の節目である、お宮参り、七五三、入学式。その都度、美容室等で着物を着せてもらいながら、もっと簡単に着ることができないものだろうか… と考えておりました。

そして、ある時『一度に着てしまおうとするから大変なのだ。上下を別にして、下を巻きスカート、上はカシュクールブラウス(着物合わせのようなブラウス)のように直せば簡単に着られるのではないか』
そう思い付いたことが【簡単着物あきも】の誕生となりました。

《二部式着物》
・着物を上下に裁断。
・下衣には、ひもを縫い付け巻きスカート風に。
・上衣にも、ひもを縫い付け、裾は、おはしょりに見えるよう丁寧に手縫い仕上げ。

IMG_4840  DSC_1509

とは言え、高価な着物や思い出深い着物を上下に切り分けてしまうことは、かなりの思い切りが必要です。
そこで何とか切り離すことなく着物を簡単に着られる方法はナイものかと検討に検討を重ね、ついにマジック着物を開発しました!!

《マジック着物》
・着物の左脇の縫い目を一部ほどく。
・縫い付けてある3本のひもの内の1本をその穴に通すことで自然に、おはしょりができる。
・あとは整えるだけ。

っという間に着られるきもの【あきも】